スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオの幼少時代 

 レオナルド・ディカプリオは、幼少時代にドラッグ・ディーラーと売春婦たちに囲まれる悲惨な環境に育ったが、そのお陰でドラッグに手を染めずに済んだようだ・・・・・→人気ranking

leonardo_dicaprio03.jpg


 ランキングに参加しています。ポチッとしていただくと、励みになります♪
☆にほんブログ村☆ ☆人気Blogランキング☆ ☆FC2ブログランキング☆

 「母親と僕はハリウッドで暮らしていたんだけれど、西部ハリウッドは、ドラッグ・ディーラーと売春婦の溜まり場だったんだ。殴り合いとか、路地でセックスしている姿もしょっちゅう見かけた。5歳のとき、トレンチコートを着た男が、ドラッグの入った注射器を持って僕に近づいてきたのもよく覚えているよ」。

 「ドラッグ中毒になった人たちの悲惨な光景を見て、絶対にドラッグには手を染めないって誓ったんだ。地獄のような光景だった」と語っており、かなり刺激的な少年時代を送っていたよう。

 プライベート・ジェットも持たず、ボディーガードも雇わず、“クールでトレンディ”なスターにもなりたいとは思わないというレオの堅実なライフ・スタイルは、どうやらこの悲惨な体験に基づいているようだ。

関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hollywoodceleb.blog99.fc2.com/tb.php/365-442e1f83

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。