スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『デス妻』視聴率低下の理由をエヴァが語る 

 「デスパレートな妻たち」の主要キャストであるエヴァ・ロンゴリアが、第3シーズンに入ってから番組の視聴率が低下し続けていることに対し、この原因は世間で言われているようなクリエターであるマーク・チェリーの参加率低下によるものではないと反論している・・・・・→人気ranking

eva-longoria29.jpg


 ランキングに参加しています。ポチッとしていただくと、励みになります♪
☆にほんブログ村☆ ☆人気Blogランキング☆ ☆FC2ブログランキング☆

 第1・第2シーズンと比べて、25%も視聴率が下がってしまった第3シーズンの「デス妻」。チェリーはこのシーズンに入る前に、脚本への参加率を下げることを明らかにしていた。

 しかしエヴァは、番組の人気が落ちたのはチェリーの不参加によるものではないとし、自分としては、演じるガブリエルが第3シーズンでは特に面白く、見せ所が多いと話す。

 「チェリーが関わったエピソードかどうかは、見ればわかるわ。それほど彼はユニークな味付けをするし、天才だもの。赤ちゃん、修道女、養子、メイド…ガブリエルにとってはとっても面白いシーズンよ。どのシーズンも、それぞれ素晴らしさを持っていると思う。第1シーズンは社会現象になったし、私が今でも大好きなのはパイロット・エピソード。あれは素晴らしいの一言に尽きるわ。だけどあれに頼っちゃダメだし、再建することもできないのよ」と語っている。

関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hollywoodceleb.blog99.fc2.com/tb.php/479-3dafd3f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。