スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンジェリーナ・ジョリーがゴールデングローブ賞に出席すべきかジレンマに・・・ 

 アンジェリーナ・ジョリーが「ツーリスト」(2011年3月11日日本公開)でゴールデングローブ賞主演女優賞(コメディ/ミュージカル部門)にノミネートされたために、ジレンマに陥っていると米ハリウッド・レポーター誌が報じている・・・・・→海外芸能人続きを読む

angelina_jolie83.jpg


 ランキングに参加しています。ポチッとしていただくと、励みになります♪
☆にほんブログ村☆ ☆人気Blogランキング☆ ☆FC2ブログランキング☆

 映画賞にノミネートされれば、特別な事情がない限り授賞式に出席するのがセオリーだが、「ツーリスト」での出席が問題だというのだ。

 「ツーリスト」は作品賞、主演男優賞(ジョニー・デップ)、主演女優賞とコメディ/ミュージカル部門の3部門でノミネートされているものの、同作は米映画批評サイトRotten Tomatoesで21%と酷評されているばかりか、そもそもサスペンス映画のため、コメディ/ミュージカル部門でのノミネート自体に疑問の声が上がっている。

 同映画賞への投票権を持つハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)の会員が、ジョリーとブラッド・ピットの2人を授賞式に出席させるため、あえて競争率の低い同部門に投票したのではないかとの声も聞かれるほど。

 ハリウッドで広報を担当するひとりはこう言う。「『ロケ現場にいるから、出席できません』と言うべき。こんなにバカげた話はない」

 賞レースの宣伝キャンペーン戦略を担当するひとりも同調。「彼女は出席すべきじゃありません。マスコミにこき下ろされた役で出席するなんて、恥ずかしい思いをさせられるだけです」

 一方、ベテランのパブリシストとして知られるケリー・ブッシュ氏は、授賞式に欠席するとかえって大きな騒ぎとなるため、あえて出席すべきだとコメント。「堂々と出席し、自虐的に振る舞うべきだと思います」

 ちなみに、共演のデップは、「アリス・イン・ワンダーランド」でもノミネートされているため、出席を断る必要はない。

 ゴールデングローブ賞授賞式は来年1月16日。ジョリーが出席するかどうかに注目が集まる。

関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hollywoodceleb.blog99.fc2.com/tb.php/815-d6f51e73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。